• twitter
  • Facebook
ご当地ソフトをたずねて
紀伊勝浦駅駅
紀伊勝浦駅駅
熊野古道
青岸渡寺
松本のれん堂
松本のれん堂

那智山蓬莱閣
 住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山456
 TEL 0735-55-0341

昭和56年、熊野那智大社や那智山青岸渡寺へ続く参道にオープン。広々とした店内にはオリジナルの黒飴、梅干し、かまぼこ、クジラのハムなど勝浦の名産品が多彩に並び、レストランも備えている。なかでも人気を集めるのが、上品な甘さを持ちながら、香ばしい風味が香る「黒飴ソフト」。「当店オリジナルの黒飴の味をソフトで再現したくて開発に取り組みました。材料は地消地産を心がけ勝浦の牛乳をベースに、黒飴同様、備長炭の粉末とはったい粉を使用。それでも黒飴のおいしさを再現するのは難しく、それぞれを配合するバランスには相当苦労しました」と話す塩崎友美(しおざきともみ)さん。それでもあきらめず試行錯誤を繰り返した末、黒飴のおいしさがしっかり息づく黒飴ソフトが完成した。濃いめのグレーという色からは想像がつかないやさしい味とのギャップが楽しく、サプライズ感もたっぷり。お客さまには片道467段の石段を登って参拝し、降りてきたときの疲れを癒してくれると大好評だ。「備長炭は体を浄化する力もあるので、つかれた体にはぴったりかもしれませんね」。どこか懐かしさを感じるそのおいしさは一度味わうと、クセになってしまうこと請け合い!
data

まぐろ料理 竹原
太地町
橋杭岩
すさみ町
白浜
茜・千畳茶屋
茜・千畳茶屋
茜・千畳茶屋

茜・千畳茶屋
 住所 和歌山県西牟婁郡白浜町2927番地の72
 TEL 0739-42-2786

千畳敷きが一望できる絶好のポジションにオープンしておよそ20年。地元の特産を揃えたお土産店と海鮮レストラン、喫茶を営んでいる。ここで話題なのが「ひろめソフト」300円。ひろめとはワカメと同種同属の海藻で、全国でもごく限られた海域にしか分布していない希少な海藻。紀伊半島南部にも生息している。「ずいぶん前からこの地域にしかない食材を使い、ご当地ソフトを作りたいと思っていました。その想いを叶えるため、海鮮レストランのスタッフとあれこれ考えた結果、“ひろめ”を使うことにしたのです」と辻浩美(つじひろみ)店長。開発に当たり大切にしたのは“ひろめ”を茹でたときに現れる鮮やかな色と、シャキっとした食感。調理スタッフは何度も試作を繰り返し、この2つを叶える「ひろめソフト」をみごと完成させた。口に入れると海藻の風味がふわーっと広がり、少し塩味も残っている。食感は主張しすぎず、控えめ過ぎず絶妙で、もちろん色も美しい。「お客さまはメニューを見て“ひろめのソフト?想像つかないわ”と驚かれますが、トライされるとおいしいと大好評です」。甘さは程よく、後味はさっぱり。休日や観光シーズンには行列ができるほど人気を誇っている。「ひろめソフト」は、1年足らずで最初の願いでもある、ご当地ソフトとしての地位をしっかり築いたようだ。
data

白良浜
円月島
JR白浜駅



◎掲載内容は2013年5月取材時のものですので、現在の内容とは異なる場合があります。
あらかじめご了承ください。
ページtop

前のご当地ソフトへ | 第45回 和歌山 | 次のご当地ソフトへ

ご当地top

MENU

PAGE TOP