7月3日はソフトクリームの日

なぜ7月3日が
ソフトクリームの日なの?

1951年(昭和26年)の7月3日、
東京・明治神宮外苑で開かれた米軍主催のカーニバルの模擬店で
日本で初めてコーンスタイルのソフトクリームが販売されました。
この出来事を記念して、日本ソフトクリーム協議会は7月3日を
「ソフトクリームの日」と制定しました。

なぜ7月3日がソフトクリームの日なの?

ソフトクリーム日本
やってきた1951年!

ソフトクリームフリーザー 1-95A3 型

1951年はじめ

日本に初めてソフトクリームがやってきたのは、1951年。日世の創業者が、アメリカでソフトクリームが流行しているとの情報をキャッチ。これはきっと日本でも人気がでる、人々を笑顔にできると確信し、戦後の厳しい輸入規制のなか、アメリカのスウェーデン社から ソフトクリームフリーザー 1-95A3 型 (通称チャレンジャー)を 10台輸入することに成功しました。ソフトクリームが初めて日本にやってきたのです。

7月3日

東京は明治神宮外苑で開かれた米軍主催のカーニバルの模擬店で日本で初めてコーンスタイルのソフトクリームが販売。アイスクリームはすでに食べられていましたが、フリーザーから出してコーンに盛った「できたて」のソフトクリームを一般の人たちが口にするのはこれが初めて。大きな話題になりました。

明治神宮外苑で開かれた米軍主催のカーニバルの模擬店
全国に花咲くソフトクリーム

9月〜

大阪梅田・阪急園芸の喫茶パーラーでデモンストレーションを実施。柔らかくなめらかな口当たりが人気を博し、またたく間に全国の百貨店や食堂、喫茶店へと拡大。ソフトクリームが取り持つ笑顔が全国に花咲いていったのです。

ソフトクリームを知る・
楽しむコンテンツ!
  • 日世歴史ミュージアム
  • 資料館 ソフトクリーム豆知識
  • ご当地ニックン&セイチャン+ご当地ソフトデザインコンテスト2021
  • 7月3日はソフトクリームの日 特設サイト