• twitter
  • Facebook
ご当地ソフトをたずねて
高知龍馬空港
高知城
木曜市
はりまや橋
龍馬の生まれたまち記念館
イングリッシュガーデンハウス
イングリッシュガーデンハウス
イングリッシュガーデンハウス
イングリッシュガーデンハウス

イングリッシュガーデンハウス 薔薇ソフト
 住所 高知県香南市香我美町山北1953
 TEL 0887-54-3382

イングリッシュガーデンハウスを切り盛りする泉谷恵里子さんと安岡雪乃さんの姉妹にお話を伺った。「ガーデン誕生のきっかけは今から35年ほど前。みかん畑を経営する父が農業研修でヨーロッパに旅行したときに、向こうの農家の人たちのライフスタイルに感動して、自分たちも庭と生活を楽しみながら暮らしたいと庭造りを始めたんです」。家族みんながその夢を共有し、自分たちで石やレンガを並べ、好きな木や花を植え、コツコツと庭造りを進めて今日の庭園になっていった。1997年には自分たちが暮らす家も建設。翌年にはより多くの人に庭の木や花を楽しんでいただきたいと、リビングルームをティールームとして開放することにした。「もともとみかん農家なので柑橘系のものを中心に、この庭で取れた食材を利用したお料理やデザートを提供しています」とのこと。料理やデザートのレシピも家族で考え、工夫して提供している。ソフトクリームを始めたのは2010年春から。「薔薇のジャムが好評だったのですが、ジャム作りの過程でとてもきれいな色と良い香りのシロップが出来るのです。それを何とか利用したいと思ってソフトクリームにすることにしたのです」と恵里子さん。「ソフトクリームは機械の保守管理が大変だろうと心配だったのですが、日世さんがしっかりバックアップしてくださるので、踏み切りました。オリジナルのソフトを提供できるのが魅力でした」と雪乃さん。スタート早々薔薇ソフトは大好評。色が美しく、薔薇の香りが爽やかで、とても美味しいと口コミで人気を呼び、マスコミでもたびたび取り上げられた。「最近では薔薇ソフトをお目当てに来てくださる方も多くなりました。これからも地域コミュニティの核として、人と人とのつながりを広げていく場にしたいですね」と、二人の夢は美しい薔薇の花のようにふっくらとふくらんでいく。
data

桂浜
桂浜
ひろめ市場
越知町
おち駅
おち駅
おち駅


越智町観光協会おち駅 小夏ソフト
 住所 高知県高岡郡越知町越知甲1736番地7
 TEL 0889-26-2900

「おち駅」は2010年4月にオープン。旧バスターミナル跡を活用して誕生した観光物産館だ。運営する越知町観光協会の西森文江さんに話を聞いた。「どういう施設がいいか、官民問わず、まちのいろんな組織が集まって、2、3年間かけてアイデアを出し合ったのです」。その結果誕生したのが「おち駅」だ。「越知町の観光情報の発信拠点として、大勢の人に来ていただける場にしたいという思いが強かったですね」。まちの人たちに気軽に利用していただけるようにと「情報交流フロア」も作った。「皆さんに自由に利用していただける憩いのスペースです」。物販部門では越知町と近隣地区で採れた新鮮な食材を豊富に取り揃えている。人気は上々で売上げも伸びている。そして2010年夏、ソフトクリーム販売を開始。「お年寄りからお子さままで、誰にも親しまれるソフトクリームは、集客力のアップと新規事業のアピールにはぴったりですから。特に越知町らしいソフトを始めたいと思いました」。それまで地元の小夏を使ったジュースやジャムが人気を呼んでいた。そうした実績を踏まえて小夏ソフトがスタート。越知町らしいソフトだと大好評だ。バニラとミックスもあり全て250円。150円の小カップも販売している。「小夏ソフトに続く新しいソフトも開発したいし、地元産の食材を使ったバーガーなどのメニューも増やしていきたいと思っています」と西森さんは今後の抱負を語る。「まちの人たちが気軽に足を運んでいただけるようなアットホームなお店づくりを心がけています。また、町外からの観光客の方々にも越知町の魅力を感じていただける場にしたいと願っています」
data



◎掲載内容は2011年6月取材時のものですので、現在の内容とは異なる場合があります。
あらかじめご了承ください。
ページtop

前のご当地ソフトへ | 第39回 高知 |  次のご当地ソフトへ

ご当地top

MENU

PAGE TOP