NISSEIについて

About NISSEI

フルーツプレパレーションの開発・製造

フルーツ

1982年、日世はヨーロッパ最大のフルーツプレパレーションメーカーRUDOLF WILD社(ドイツ)と技術援助契約を締結し、翌年山梨県甲西町(現南アルプス市)でフルーツプレパレーションの製造を開始しました。 1991年には、APV社(イギリス)のオーミックヒーティングシステムを導入。世界ではじめてフルーツ加工分野でのオーミックヒーターの実用化に成功。ストロベリーホールを完全に残したフルーツプレパレーションなど、大きな固形分を含む無菌フルーツ調整品を開発しました。そして現在、これら各種フルーツプレパレーションを食品業界のあらゆる分野へ供給しています。

フルーツプレパレーション

フルーツプレパレーションは厳選された果肉・果汁を指定のサイズに処理し、これに糖類・酸・フレーバー安定剤などを加えて加工・殺菌した無菌フルーツ調整品。ヨーグルト、アイスクリーム、デザート類、菓子、飲料などフルーツを必要とするあらゆる食品に利用できるため、その用途は急速に広がっています。


■特長

●フルーツのフレッシュな風味が、生きています。
・急速冷却システムによりフルーティーな風味を保ちます。
・低温充填システムが、フルーツのフレッシュな風味と新鮮な色調を保ちます。
・R.WILD社が独自に開発したフレーバーが、もぎたてのフルーツの香りを表現します。

●衛生面において完璧です。
・微生物による汚染を防ぐため、調合クッキングから充填まで無菌工程により生産されます。
・安定性、保存性に優れた無菌充填で、製造品をお届けします。

●充実した選果体制

●幅広いレンジのカットサイズにおこたえします。

●テーラーメイドでお届けします。

●用途に応じた幅広い包装形態。

●新しい味覚を創造します。

●安定した品質レベルを再現しますので、加工精度の高い食品の原料として最適です。