開発エピソード ークレミアはこうして誕生した

発売以来熱い注目を集めている日世のCREMIA(クレミア)。 新商品誕生の背景には、どんな物語が隠されているのだろうか?コクのあるなめらか舌ざわり、ラングドシャタイプの斬新なコーン、上品で流麗なフォルムはどうやって生まれたのか?「一つ上の商品を!」という熱い思いに支えられて、画期的なスイーツの開発に取り組んだスタッフたちの歩みを振り返る。

日世株式会社
マーケティング部 開発グループ

課長島田善之

Episode NumberEpisode Number

ミックスの乳脂肪分12.5%という数字の意味。

400回以上もの試作を繰り返した。

CREMIAのミックスは、乳原料については、生クリーム、生乳、脱脂濃縮乳を豊富に用いている。すべて北海道産だ。これらの乳原料を、豊富に、バランス良く配合することで、乳本来の風味と乳の濃厚さを楽しめるようにしているのだ。生クリームの使用量は25.0%。日世ではこれまでになかったパーセントである。
「ミックス開発に最も熱い思いを抱いていたのは、田中社長(現会長)です。いろんなミックスを開発して、消費者調査においても評判が良いミックス、我々も『これならいいかな』と感じるようなミックスが出来上がってくるのです。しかし、社長は『まだまだ最高級ではない』というのです(笑)」
2010年から3年余りの間に、延べ400回以上もの試作を繰り返し行った。従来の日世ではありえない回数だった。各工場のラインも全面的にバックアップし、全社的な体制で試作にあたった。

4種類の砂糖を用いた。

乳脂肪もこれまで8%が最高だった乳脂肪を12.5%にした。乳脂肪のパーセントを上げると、味は良くなるが、口どけが悪くなるという問題が生じる。濃厚さを追求すると、口当たりが悪くなるのだ。口当たりが良くて、濃厚な美味しさを追求するために、さまざまな配合を何度も何度も試みた。
乳原料はすべて北海道産にこだわり、砂糖は4種類使用している。試作の段階で、社長自らが工場まで足を運ぶという場面もあった。社長は甘さの「キレ」を指摘した。
「甘さには『キレ』があるのですね。『砂糖の研究がポイント』という社長のアドバイスを受けまして、試行錯誤を重ねました」
20種類の糖原料の中から、最終的には4種類をセレクトして現在の配合が決まった。「キレ」のある甘さが実現した。

次の記事を見る Episode3
Episode NumberEpisode Number
導入のお問合せ・資料請求はこちら
直営店のご紹介
iTQi優秀味覚賞 最高ランク3ツ星を受賞
クレミアザショコラ

PAGE TOP