• twitter
  • Facebook
  • サイト内検索
ご当地ソフトをたずねて
ご当地MAP
富山駅
富山城址公園
富山城址公園
富山城址公園
ささら屋立山本店
ささら屋立山本店
ささら屋立山本店
ささら屋立山本店
ささら屋立山本店
ささら屋立山本店
ささら屋立山本店
ささら屋立山本店
ささら屋立山本店
ささら屋立山本店

ささら屋立山本店
 住所 富山県中新川郡立山町沢端21
 TEL 076-463-6011

「ささら屋」を経営する日の出屋製菓産業株式会社は、創業80年以上の歴史を持つ老舗である。創業当初はお菓子全般を手がけていたが、戦後は米菓を中心とし、今日では「あられ」「かきもち」「せんべい」などの「かきやま」(米菓)のメーカーとして知られている。立山本店は、2008年9月、それまでの富山市内の工場を立山町に移転して新規オープンした新しい工場・店舗だ。工場併設の明るく広々とした店舗では、鮮度の高い米菓を提供している。顧客交流担当の生駒直久(いこまなおひさ)さんに話を聞いた。「この工場では看板商品『しろえびせんべい』を中心としたせんべいを生産しています。本社のある富山県西部には、昔からお客様を米菓でおもてなしする『かきやま文化』が根づいていますが、この工場誕生をきっかけに、富山県東部にも『かきやま文化』が広がりつつあることを実感しています」。看板商品のしろえびせんべいを積極的にアピールするために、工場オープンと同時に発売したのが「しろえびせんべいソフト」だ。せんべいをソフトクリームにするという大胆な発想で、さまざまな試行錯誤の結果誕生した。しろえびせんべいならではのほのかな甘さと塩味、香ばしさから好評を博し、今では人気商品へと成長している。「このソフトを楽しみに来てくださるお客さまも増えました。米菓の会社ですから、ほかのソフトはなし。ソフトはこれ一本です」と生駒さんは強調する。「清潔第一に、安心して食べていただける安全な商品を提供するという基本をしっかり守りつつ、売り場では楽しく買い物していただけるよう、スタッフ一堂明るい接客を心がけています」
data

ほたるいかミュージアム
宇奈月温泉
宇奈月温泉
宇奈月温泉
宇奈月温泉
昼食
黒部峡谷鉄道トロッコ列車
黒部峡谷鉄道トロッコ列車
黒部峡谷鉄道トロッコ列車
黒部峡谷鉄道トロッコ列車
黒部峡谷鉄道トロッコ列車
黒部峡谷鉄道トロッコ列車
レストプラザ柏や
レストプラザ柏や
レストプラザ柏や
レストプラザ柏や
レストプラザ柏や
レストプラザ柏や
レストプラザ柏や


レストプラザ柏や
 住所 富山県黒部市宇奈月温泉372
 TEL 0765-62-1206

「レストプラザ柏や」は、昭和30年頃に食堂としてスタート。平成4年4月、全面リニューアルし、1階は売店、2階・3階は食堂になった。店名の「レストプラザ柏や」はそのときから。食堂は団体のツアー客に利用されている。店長の上田芳正さんは「地域一番店になることを夢に、新しい一歩を踏み出しました」と当時を振り返る。そのためには「この店ならでは」という商品を提供し、お客さまがその商品を目当てに来店される「特色のある店」にしたいと考えた。平成19年6月からソフトクリームを手がけることにした。「私自身ソフトが好きで、旅行すると必ず『ご当地ソフト』を食べます。ここならではのソフトが出来ないかとずっと思っていましたが、なかなかいい食材がなかったのです。10年ほど前から隣町の入善のジャンボすいかが注目されるようになり、すいかのソフトが出来ないかと考えたのです」。こうして入善ジャンボすいかソフトが誕生した。入善のJAとタイアップしてすいかを手配。果汁の配合や煮詰め方などを研究し、スタッフ一同で製品作りにあたっている。「お客さまは、すいかのソフトということで、まず珍しがってくださいます。そして食べてみると必ず“美味しい”と言ってくださいます。あっさりとした甘み、すっきりとした口当たりで、男性の方々にも好評ですね」。時には店の前に行列が出来ることも。「接客では笑顔を大事に、お客さまには必ず一声おかけするように心がけています」。宇奈月温泉駅のすぐ前という立地のよさを生かして、旅行客とのふれ合いを大切にしている。「今後はネット販売なども考えて、お客さまのニーズによりよくお応えしていきたいと思っています」
data



◎掲載内容は2009年6月取材時のものですので、現在の内容とは異なる場合があります。
  あらかじめご了承ください。
ページtop

前のご当地ソフトへ | 第34回 富山 |  次のご当地ソフトへ

ご当地top

MENU

PAGE TOP